月別アーカイブ: 2016年9月

どの年齢の子に教えるか

家庭教師のアルバイトをするにあたって重要なのは、何歳の子どもに教えるかというものです。何歳の子どもが対象になるかによって、教え方や重視するポイントが変わってきます。

たとえば小学生相手の授業の場合、教える内容は簡単かもしれません。教える内容よりもむしろ「勉強することの楽しさ」を子どもたちに教えることが重要です。小学生の段階で勉強に苦手意識を持ってしまうと、それ以降も勉強を積極的にやらなくなって学力が伸びなくなるかもしれません。ほめて伸ばすことを基本にしてみると良いでしょう。

中学生の場合、英語が新たに科目として入ってきます。中学生になって英語がわからなくなって脱落することも多いので、英語を丁寧に教えることが求められるでしょう。

高校生の場合、大学入試を意識して家庭教師の授業を受ける生徒も多いです。ですから入試合格のためのテクニックなどを教えることが求められるでしょう。大学生で家庭教師のアルバイトをするのであれば、高校生を相手にしている家庭教師の仕事に応募した方が良いでしょう。つい最近まで自分が実践していたテクニックを使って、生徒に教えることができるからです。また年齢的に近いので、生徒と打ち解けるのも比較的早い傾向が見られます。

アルバイトなら家庭教師

大学生になって、生活費や小遣いを稼ごうと思っている人もいるでしょう。そのためにアルバイトを探そうと思っている人もいるでしょうが、昔から学生がするアルバイトの定番として家庭教師があります。子どもたちの勉強を見る仕事ですが、学生の間では昔も今も高い人気があります。

家庭教師のアルバイトの良いところは、けっこう時間の融通の利く点にあります。長期休みのときは良いですが、普段は授業にも出席しないといけないのでなかなかレギュラーで長時間仕事ができないという人もいるでしょう。
しかし家庭教師の場合、1回当たりの授業は1時間とか1時間半といったものが多いです。このため授業終わりに家庭教師をするとか、コマとコマの間を使って家庭教師でのバイトをして小遣い稼ぎなどもできます。

また、家庭教師のアルバイトに人気が高まっている理由として、効率よく稼げるという点も見逃せません。時給で換算した場合、コンビニやファストフードのような定番のバイトと比較すると2~3倍程度の額で募集しているものが多いです。限られた時間を使ってしっかりお金を稼ぎたいと思っている人におすすめです。

家庭教師のような他人に勉強を教えた経験のない人は、「自分に果たして務まるのか?」と不安に感じる人もいるでしょう。しかし初心者の方でも歓迎するような求人もあります。そこでこのサイトでは、これから家庭教師をしようと思っている人のために、バイトをするにあたって注意すべきポイントについて紹介します。