どの年齢の子に教えるか

家庭教師のアルバイトをするにあたって重要なのは、何歳の子どもに教えるかというものです。何歳の子どもが対象になるかによって、教え方や重視するポイントが変わってきます。

たとえば小学生相手の授業の場合、教える内容は簡単かもしれません。教える内容よりもむしろ「勉強することの楽しさ」を子どもたちに教えることが重要です。小学生の段階で勉強に苦手意識を持ってしまうと、それ以降も勉強を積極的にやらなくなって学力が伸びなくなるかもしれません。ほめて伸ばすことを基本にしてみると良いでしょう。

中学生の場合、英語が新たに科目として入ってきます。中学生になって英語がわからなくなって脱落することも多いので、英語を丁寧に教えることが求められるでしょう。

高校生の場合、大学入試を意識して家庭教師の授業を受ける生徒も多いです。ですから入試合格のためのテクニックなどを教えることが求められるでしょう。大学生で家庭教師のアルバイトをするのであれば、高校生を相手にしている家庭教師の仕事に応募した方が良いでしょう。つい最近まで自分が実践していたテクニックを使って、生徒に教えることができるからです。また年齢的に近いので、生徒と打ち解けるのも比較的早い傾向が見られます。